柴犬あずの澄んだ瞳で

・・・あずの成長記録(2017)・・・

2017.08.06
あずの折れた前歯、抜歯ではなく、
抜髄&レジン埋めで済みました。 (^-^)v

半分より下での破折で露髄してたのですが、
毎晩の歯磨きでのクマザサ抗菌が効いたのか、
細菌感染による炎症や異常はなし。 p(^-^)q

軽度の歯周病による 歯の土台の退行が認められる
ので、今後、さらに進めば、歯がぐらついてきて、
結局は抜歯になる可能性もあるものの、
土台の退行は 4年前の平板破折の時から ほとんど
進んでないため、あまり心配は要らないとのこと。

半年後に鎮静状態での X線チェックです。
以下、本日の経緯の備忘録。。
・・・ ・・・ ・・・ ・・・
10:00 血液検査
抗真菌薬による肝機低下もなく、全麻 OK。
ウッド灯検査では、光る毛は確認できず。

10:30 お預かり
治療の必要性、内容、難易度、危険度、術後
合併症のリスクなど丁寧な説明が文書付きでなされ、
手術承諾書にサイン。
スケーリング(歯石除去)も 同時に行うとのこと。
17:00お迎え予定。 あず、頑張ってね!

12:00過ぎ X線撮影結果の電話連絡
露髄してたけど 細菌感染による炎症や異常はなし、
抜歯でも抜髄&レジン埋めでも、どちらも行けるとの事。
両治療方針の長所・短所は事前に説明され理解してた
ので、意を決して 抜髄&レジン埋めをお願いしました。
(ついでに爪も切りましょうか? に、ハイと答えました)

17:15頃 予定より少し遅いお迎え
「なんであずを置いてったのー
とばかりに、飛び込んできました。 ^^;
施術直後の写真を見ながら結果確認。
(まだ人工呼吸の挿管状態で、可哀想でした)
抜髄のため歯肉がわずかに腫れているが、すぐに引く。
また覚醒後は体温低下に注意。
食事は今晩から OK。
(ただし柔らかい物を 通常の半分程の量で)

6日分のテトラサイクリン系の抗生剤(ビブラマイシン)と
非ステロイド系の消炎鎮痛剤(プレビコックス57)処方。
飲み切ること。
半年後(2月)に鎮静状態での X線チェック。
・・・ ・・・ ・・・ ・・・


2017.08.04
あず、11歳4か月
体重 8.60kg
真菌皮膚炎の治療、継続中・・ (T_T)


2017.08.01
右後頭部の炎症、培養結果を聞きに Km病院へ。
(あずぱぱが会社休んで、行ってくれました)

やはり、マラセチア菌、陽性でした。
1週間後の培地や、ウッド灯(ブラックライト?)で
感染した毛が光るのも見せてもらったそうです。

抗真菌薬(イトラコナゾール)と、
抗真菌剤(ケルガー液)、16日分、追加。
ウッド灯で毛が光らなくなったら、薬の量を減らし、
全治まで、2~3か月とのこと。 (@_@)
気長~に頑張ろうね、あず!


2017.07.30
きのうの晩、超ショックなことが!
こんなショック、腎嚢胞発見以来です!!
なんと、あずの下の前歯1本が 折れてる!
(下前歯6本のうち、右から3本目)

あずぱぱに 詳しく見てもらうと、
断面が 黄色っぽくなってるそう。
象牙質? それとも歯髄が見えてるの??

今朝、4年前に 右奥歯の平板破折
治療くださった、埼玉の F動物病院へ。

歯髄が うっすらと見えてるので、
放置すると 雑菌が侵入して、周囲にも拡大。
前歯は小さいため、破折と同じ修復はできず、
抜歯か、抜髄して穴を埋めるかの
どちらかが必要とのこと。 (T_T)

話し合った末、来週日曜に、全麻、
X線で 歯髄の状態を 詳しく診てから、
抜歯か、抜髄して穴を埋めるかを 決め、
その麻酔状態のまま、治療との方針に。

毎晩、歯磨きしてるのに、すぐに気付けず、
あずに申し訳ない気持ちで一杯です。
(老眼で、実は よく見えてないのです)
いつ、折れたんだろう・・・?

あずぱぱが前歯が写ってる過去写真を
ていねいに遡って探してくれた結果・・・、
6月25日のルーク王子誕パの最初は 大丈夫で、
6月29日のおウチの中での写真では
既に 折れてたそう。。 (T_T)

思い当たる事件と言えば、
ルク誕のお散歩前、私がトイレに行ってる隙に、
あずがソファから落ちて「ゴンっ!」って音がしたと
ゴルままたちから 教えてもらった事ぐらい。
ソファから降りたの? それとも落ちたの?
降りた時に、床で足を滑らせたの??

先月25日だとすると、1か月もの間、気付けなかった。
ほんとに、ほんとに、ほんとに、ほんとに、
ごめんね、あず。。
痛かったよね、しみたよね、あず。。。

歯髄が露出してる場合、もうとっくに
細菌感染してるだろうから、温存はあり得ず、
抜歯か、抜髄して穴埋めか、
どちらかしか選択肢がないのも 納得。
できれば 抜髄で行けると 良いのだけど。。


2017.07.24
弱ステロイド表皮塗布、2日目。。
明らかに炎症悪化、範囲も倍に拡大! (>_<)
慌てて Km病院へ。

ステロイドで悪化したということは、
真菌(カビ菌の一種)である可能性大。
(あずの生活習慣から、野良猫などとの接触は
 考えられず、感染経路は不明とのこと)
検体を培養検査へ。

抗真菌薬(イトラコナゾール)1日1回半錠の服用と、
アリルアミン系抗真菌剤ケルガー液 1%
(テルビナフィン塩酸塩液)の塗布に切り替え、
まずは 1週間、様子見。


2017.07.22
右後頭部に、径2cmのおハゲが! (@_@)
真っ赤に炎症してて、痒そう。
(やたら掻いてたのは、これだったのね・・)

しかも表面に白いポツポツがたくさん。
皮が浮いてるだけ? まさか真菌?!
慌てて、朝一番で Km病院へ。。

顕微生検の結果、菌ではなく ( ホッ )、
アトピーの悪化でしょう、との診断。
白いのは剥けた皮と、浸潤液が固まったものだそう。

アポキル増量は副作用の脱肛が心配なので、
弱いステロイド(フランカルボン酸モメタゾン)の
表皮塗布で 1週間、様子見。
しばらくエリカラだね、、、あず。

ついでに、 腎臓の SDMA(対称性ジメチルアルギニン)
検査のために、採血も。


2017.06.12
八ヶ岳旅行から帰った翌日早朝、あずが、
寝てたぱぱの顔を舐めて 起こしたそうです。
その時は、起こした理由は 気に留めず。。

2時間後、、
めずらしく 自分からトイレに入ったので
ちっこコールしてみたら、ちっこじゃなくて、んち。
しかも、下痢! (@_@)

朝から、腹痛、ガマンしてたんだね。
気付いてあげられなくって、ごめんね、あず。
旅行で 食べ過ぎだね、きっと。。


2017.06.04
あず、11歳2か月
体重 8.65kg


2017.04.10
健康診断。
血液化学検査の結果、
全て異常なし! (^-^)v

検査項目:
・血液検査(8項目)
・血液化学検査(以下11項目)
 GLU、BUN、CRE、TCho、TG、Ca、
 TP、ALB、GOT、GPT、ALP


2017.04.04
あず、11歳 \(^o^)/\(^o^)/
体重 8.95kg

しかし、いくらなんでも、これは太り過ぎ。
マジで ダイエットしなきゃ ダメ! (>_<)


2017.02.04
あず、10歳10か月
体重 8.85kg
テーマ: 柴犬 -  ジャンル: ペット
by あずき  at 20:17 |  あずの健康 |  comment (0)  |   |  page top ↑

・・・あずの成長記録(2016)・・・

2016.12.04
あず、10歳 8か月
体重 8.75kg


2016.11.28
6種混合ワクチン接種

毎年、予防接種するたびに、
皮膚のかゆみが倍増する、あず。
明らかにアレルギー反応なので、
今年から国産ワクチンにこだわり、
Kt病院で摂取することに。

今のところ、例年よりはるかに良さそうです。
(と言うか、殆ど痒がってません \(^o^)/


2016.10.04
あず、10歳 6か月
体重 8.65kg


2016.09.29
狂犬病予防接種

例によって、皮膚のかゆみ倍増。
翌日、掻き過ぎで、右口角の上側で出血! (T_T)


2016.08.14
右頸部付け根の腫隆の、生検結果が出ました。
-----
組織は海綿状血管腫に合致していました。
海綿状血管腫は外科的切除で予後良好な良性腫瘍です。
-----
とのこと。
ホッ (*´▽`*)


2016.08.04
2週間前の 皮膚科新薬の効果を 確かるため、
A病院 受診。お薬、効いてそう。 p(^-^)q

で、追加分のお薬の処方を待ってる時に、、、
右頸部付け根に 1.5mm位の黒い腫隆、発見! (@_@)

小さ過ぎて判断出来ず、大きくなるのを待つよりはと、
急遽、部分麻酔で、生検のための切除。 (T_T)
一針縫合。

注射にて 抗生剤投与。
翌日から 内服薬の抗生剤。
およそ10日後に 抜糸予定。
生検結果はまた後日。

初めての局麻で パニクった、お嬢さま。
あまりに可哀想なので、
近くのセブンで、あずの大好きな たまご蒸しパンを ♪
怒りのあまり、パンにがぶり! ^^;

----------
あず、10歳 4か月
体重 8.5kg


2016.07.23
またまた、あずの肛門の お悩みデス・・・ (-_-;)
今日の昼間、お散歩公園で 固めのンコした後、
なんと、脱肛(肛門粘膜脱)みたいな状態に!! (@_@)
(人間の小指先大の粘膜が、肛外に出たまま戻らない状態)

慌てて私の指で押し込むも、完全には引っ込みません!
このままで粘膜が痛んだり、最悪、壊死でもしたら
大変なので、慌てて動物病院へ電話。
運悪くどこも昼休み中でしたが、Km病院が診てくれる事に。
(GP病院、Kt病院は診てくれず、A病院は電話つながらず)

病院へ着いた頃には殆ど戻ってましたが、触診の結果;
・肛内にポリープは無い
・内痔核が出た訳でもなさそう
・再発したら、また来てください
との事。。

最新の腎機能検査のための採血して
(注射時、あずの叫び声が、病院中に響き渡り・・ (-_-;)
検尿キットも頂いて、今日の所は、オシマイ。
あず、ご褒美に、ドッグカフェで ケーキ食べよ ♪


2016.07.21
A病院、第1、第3木曜は、皮膚科の専門医が いらっしゃる日。
あずの アトピー性皮膚炎を 以前から相談していたのですが、
今日から、ついに、新薬を試すことに。 p(^-^)q

犬のアトピー性皮膚炎の新薬、アポキル錠。
日本では 今年7月に 発売されたばかりです。
犬の痒みに対し、即効性があり、副作用が少なく
安全性を兼ね備えた、今注目の薬剤だそうです。

作用機序は、アレルギーに関わる各種サイトカインのシグナルを
伝達するヤヌスキナーゼ(JAK)経路を選択的に阻害し、
免疫系への影響は最小限に、
痒みと炎症の早期緩和を もたらすそうです。

最初の 2週間は、朝晩 1錠ずつ、
その後は 減らして、晩に 1錠ずつ 試すことに。
先ずは、2週間後に 効果確認。
効くといいね、ねっ、あず。。


2016.07.04
肛門腺の、再診。
(A病院に 着いた途端、どしゃ降り! (@_@)
腺液、殆ど 出なくって、先週末のは、
詰まってたのが出て 多かっただけだった、
ということに。。

取り敢えず、ホッ。 ( *´艸`)
しばらくは、要注意かな。。


2016.07.01
あずの 肛門腺液が いつもより多くて、
ちょっと 心配だったので、A病院へ。

炎症起こしてて 多いのか、
詰まってたのが出て 多かっただけなのか、
3日後に 再診ということに。

 
2016.06.04
あず、10歳 2か月
体重 8.25kg
----------
珍しく、急降下。
どこか異常はないかな?
それとも、単に、
 『 ワンワンフライト in 北海道 』
旅行の 疲れが原因?!


2016.04.04
あず、満10歳! \(^o^)/\(^o^)/
体重 8.60kg
----------
かなり、増量中。
ヤバイ ヤバイ。。


2016.02.13
横浜の N病院で、ドッグドック受診。

●所見総括
1) 腎嚢胞は、3年間で 全く大きくなってなく、今後の肥大リスクも 極めて低い。
  (腎嚢胞の CT結果は、→ コチラ の 2013.07.13 日記に )
2) 尿比重が軽いのは、加齢に伴う 腎機能の僅かな低下が原因か。
 数か月に一度、かかりつけ医での尿検で腎機能の経過観察を推奨。
3) 加齢に伴い 僅かな白内障を発症しているが、視力に影響なし。
4) X線の所見として、心臓が小さめだが、心電図、血液検査共に所見無く、無問題。

●検査項目
・検糞、検尿、胸部・腹部 X線、血液検査、心電図、腹部エコー、触診、見診

●検査結果
・体重:   8.36kgで、適度
・皮膚:   かゆみ、軽度の炎症あり。かかりつけ医で継続観察を
・眼:    異常なし。白内障は 3) のとおり
・耳、耳道: 異常なし
・鼻、咽喉: 異常なし
・口、歯:  異常なし。歯もキレイ。
・脚足、筋: 異常なし
・循環器系: 異常なし。赤血球容積(MCV)小さく、平均ヘモグロビン量(MCH)低いが、
       ヘモグロビン濃度は正常で問題ない。心臓所見は 4) のとおり
・呼吸器系: 異常なし
・腹部:   異常なし
・消化器系: 異常なし
・泌尿器系: 異常なし。pH 7.5、結晶、結石なし。
       腎嚢胞は 1) のとおり。尿比重 1.016 は 2) のとおり
・神経系:  異常なし

●検査費用
・腹部エコーのみ腎嚢胞再診扱いで保険適用。その他検査は保険適用外。


2016.02.04
あず、9歳10か月
体重 8.45kg


2016.01.24
腰に 小さくて固い 皮膚腫瘍が! (@_@)
Km病院受診。
針生検したところ、中から 油状の液体が。
特に悪いモノでは ないので、様子見。
ただし、良性の物でも、突然悪性の物に 転じる事もあるので、
注意深く 観察しましょう、とのこと。

テーマ: 柴犬 -  ジャンル: ペット
by あずき  at 20:16 |  あずの健康 |  comment (0)  |   |  page top ↑

・・・あずの成長記録(2015)・・・

2015.12.23
A病院 4回目。
ステロイドが効いたようで、発赤、引き始め。
なので、真菌ではなさそう。
(胸以外の部分は、完治)
ステロイドを、内服から患部スプレー型に変更。
これで 1週間、様子見。。


2015.12.19
発赤がステロイドで悪化したので、まさか真菌?!
慌てて、A病院、再診、抜いた毛を、菌検査に。
内服を、強めのステロイド(と言っても同じプレドニン)に変え、
お注射も 2本(抗生剤とステロイド)も打って、4日間、様子見。
菌検査の結果は1週間後。


2015.12.17
胸の発赤、やはり快復せず。
皮膚科の専門医が来院する木曜に、A病院、受診。
「アレルギー体質なので、濡らしちゃダメですよ」
(Kt病院との治療方針の違いに、戸惑い。。 (-_-;)
で、今度は、ステロイド剤(プレドニン)処方。
・・・
ステロイド飲むと、胸の発赤だけが、明らかに悪化! (>_<)
(でも、他の部位の発赤は、劇的に引きました)


2015.12.10
胸の発赤、一向に快復せず、Kt病院、再受診。
「抗生剤の連続服用は副作用も心配でしょうから、
 消毒液に変えましょう」と。。
んん? 大丈夫なの??


2015.12.03
先週の予防接種後、身体に発赤。
特に、胸周辺がヒドい(自分で掻いちゃうから?)。
Kt病院、受診。
(皮膚炎は、いつもは Km病院に行ってたけど、
 完全予約制になってしまって、診てもらいたい時に
 診てもらえないので、今回は Kt病院に)
「炎症なので、抗生剤処方します」と。。 (-_-;)
-----
あず、9歳8か月
体重 8.45kg


2015.11.26
7種混合ワクチン接種
-----
ところが帰宅後、熱感+
身体もだるそう。
混合ワクチンの後は、毎年こうなるけど、
今年はちょっと、症状が重いような。。


2015.10.04
あず、9歳6か月
体重 8.55kg
ほんの少しだけ、減量に成功~。 (^O^)/


2015.09.25
狂犬病予防接種


2015.08.04
今日の あず、朝から、食欲不振。
その後も、寝てばかり。。 (-_-;)
膵炎の 既往もあって 心配なので、念のため、A病院へ。 。

血球、血液生化学、ともに、全て正常。
腎機能関係では;
・血中尿素窒素   16.3 mg/dl (9.1-31.9)
・血中クレアチニン 1.1 mg/dl (0.5-1.4)
で、正常。

膵炎指標も;
・リパーゼ(LIP) 96 U/l
・炎症マーカ(C反応性タンパク:CRP) 0.0 mg/dl
で、全く問題なし。

「 夏バテでしょう 」 と、院長先生。
取り敢えず、ホッ。 (*^-^*)

-----
あず、9歳4か月
体重 8.7kg
お散歩も行ってないし、増量中~。 (-_-;)


2015.07.04
思い立って、久々にアレルギー検査
(特異的 IgE測定)を受けることに。。
結果は。。

花粉群: 全て陰性
ギョウギシバ、ホソムギ、ヒロハウシノケグサ、セイバンモロコシ、
ブタクサ、ヒメスイバ、ヨモギ、アキノキリンソウ、スギ、シラカバ、
マツ、モミジ

食物群: 全て陰性
牛、豚、羊、鶏、卵、魚、小麦、コーン、米、大豆、ミルク、乳清

室内吸入群:
陽性:
コナヒョウダニ、アシブトコナダニ、ケナガコナダニ
陰性:
ヤケヒョウダニ、サヤアシニクダニ、ノミ、ゴキブリ、アルテルナリア、
クラドスポリウム、アスペルギルス、ペニシリウム、蚊

う~~ん、、、
豚が陰性という点が、どうにも納得できず、
全体的に信憑性が、、、??


2015.06.04
あず、9歳2か月
体重 8.6kg


2015.04.04
あず、9歳! \(^o^)/
体重 8.65kg


2015.03.20
あずのしっぽの、その後。。

お外では、緊張するのか、くるりん♪
でも、おウチに帰ると、だらりん (T_T)

二度お願いしても、「ようす見ましょう」 と、
X線も 撮ってくれなかった A病院と Kt病院を 見捨て、
最後の望みの Km病院で、撮像をお願いすると。。
3院目にして、ようやく撮ってもらえました。

診断の結果・・・
・変形性関節症 ( 仙骨にトゲ状の突起 ) (T_T)
・加齢によるものか、外傷性かは不明。
・おそらく、これが痛むのでしょう、と。
・外では頑張るけど、自宅で気が緩むと、下がるのでは?
・消炎鎮痛剤、処方します。

やっぱり!!
( あれだけ頼んでも、まともに診てくれなかった 2病院、
 呆れて 開いた口が 塞がりません )
と同時に、Km病院に 感謝と、
12日間も 痛みを ガマンしてた あずに
申し訳ない気持ちで 一杯です。 (T_T)

あず、本当に、本当に、ごめんね。。
毎日、痛かったんだね、しっぽ。
今日から 鎮痛剤と、
関節に良い コンドロイチン、飲もうね。


2015.03.08
朝 9時半頃から しっぽ、下がりっぱなし。
診察台の上とか、どんなに 怖い時でも、
きっちり巻いてる、自慢の しっぽなのに。。

ぱぱが、9時半前に、「ギャン!」 という
あずの珍しい声を 聞いたそうだけど、
それとの関係は不明です。

6年前、しっぽの発疹を 噛み崩してしまい、
同じように 下がったことが、1回だけ。。
でも、今回は、外傷も無いので、心配です。

A病院で先生に 診てもらうと、
 「 食欲あるのなら、様子を 見ましょうか 」
とだけ。。
( X線撮らなくて、大丈夫?? )

あず、大丈夫? どこか、痛いの??
あずが、言葉を 喋れれば いいのに。。


2015.02.03
腎機能精密検査の結果を聞きに、Km病院 受診。
・血中尿素窒素   25 mg/dl (8-32)
・血中クレアチニン 1.6 mg/dl (0.9-2.0)
・シスタチン-C    0.20 mg/l (0.10-0.40)
・尿中タンパク    9.6 mg/dl (0.0-100.0)
・尿中クレアチニン 237.8 mg/dl

・全て正常値。 この数値なら、治療の対象ではない。
・半年に一度、同じ検査で、経過観察しましょう

とのこと! \(^o^)/\(^o^)/
良かったね、あず!
-----
あず、8歳10か月
体重 8.7kg

重た~い!
マズイよ、あず、体重、減らさなきゃ!


2015.01.29
さらに免疫力を高めるβグルカンを含む
メシマコブの錠剤も追加!


2015.01.27
上唇の腫れ物、数日前から硬くなってきたと思ってたら、
きのう、かさぶた状のモノが、ポロリ! (@_@)
これって、治る兆候なの?

今日、市内 Km病院 受診。
先生、「上唇の腫れ物、小さくなったねー」って。\(^o^)/

でも、今日の目的は、腎機能精密検査。項目は;
1) 血液検査(CBC、生化学15項目+シスタチンC)
2) 尿一般検査
3) 尿タンパク、クレアチニン比

結果は 1週間後。
あずの腎臓、元気を保ってますように。。 (-人-)祈


2015.01.16
上唇左縁の腫れ物、藁にもすがる思いで、
ブロリコ(注1)の錠剤を飲ませることに。。
さて、効果やいかに・・・?

注1.
ブロッコリーから抽出した自然免疫を活性化させる成分


2015.01.11
上唇左縁の腫れ物、
やっぱり大きくなってる。 (T_T) (T_T)
A病院、再受診。

口輪を付けて、針生検。 (@_@)
肥満細胞腫(悪性)に見られる ピンクの顆粒が、
今回の検体には 見られないため、
組織球腫(良性)の 可能性が高い、とのこと。
良かった! 少し安心!!
さらに、様子見。。


2015.01.05
年の瀬に見つかった、上唇左縁の腫れ物、
少し大きくなってるような。。 (T_T)
A病院、受診。

組織球腫(良性)か、肥満細胞腫(悪性)。
良性/悪性は、生検してみないと分からない。
生検しづらい場所なので、
大きくなるか、もう少し様子見。
 
 
テーマ: 柴犬 -  ジャンル: ペット
by あずき  at 20:15 |  あずの健康 |   |   |  page top ↑

・・・あずの成長記録(2014)・・・

2014.12.28
帰省先の札幌で、
上唇の左縁に、プチっとした腫れ物、発見! (T_T)
直径 1mmくらいで、色はピンク。
触ると固くって、イヤ~な感じ。
おウチに帰ったら、病院、連れてかなくっちゃ。。


2014.12.04
寒くなると、脂肪を貯め込むの?
本年の最重記録を更新し、さらに増量中。。 (-_-;)
-----
あず、8歳8か月
体重 8.65kg


2014.11.13
予防接種(7種混合)
術後、痒みが続き、薬を服用してたので、
今年の予防接種は、半月遅れ。。


2014.10.30
あずのお腹の シコリ、
病理検査の結果が 出ました。。
良性でしたっ!!!! \(^o^)/\(^o^)/

要約すると・・・
-----
・細胞異形は軽度
・骨の形成が主体の、乳腺良性混合腫瘍
・犬には多く見られる
・摘出すれば、その部分は安心
-----

神様、そして、
あずの無事を 一緒に 祈って下さった 皆さま、
本当にありがとうございました。
これで ひとまずは、安心です。

左ひじ、腰、上あご、口角、
そして今回の乳腺。。
どうも、脂肪腫や 肉腫(良性)が
出来やすい 体質の、あず。
これからも、注意してあげなきゃ、ね。 p(^-^)q


2014.10.23
午後、A病院で、お腹の皮下のシコリと、
その周辺の乳腺、血管を切除。
検体は病理検査へ。
生検結果が出るのは、1~2週間後。。

お泊りにはならず、夜 8時にお迎え。
傷跡は、3cm、5針。
皮下だけだったし、子宮摘出の時と違って、
術前術後での ホルモンバランス変位も無いため、
傷口の腫れも、ほとんど無し。

抜糸までしばらくの間、
また、エリカラ & 腹巻の生活。
神様、どうか、良性でありますように。。


2014.10.20
前↓の記事の、お腹のシコリ、
細胞診の結果が出ました。
要約すると・・・
-----
・軽度の 細胞異型あり
・標本数が少なく、確定診断できず
・異型細胞の形態は、マクロファージ or 骨芽細胞に類似
・後者の場合、骨外性骨肉腫の 可能性あり
・拡大するようなら、切除による病理組織検査を
-----

「骨肉腫」の文字に、目の前が 真っ暗になりました。 (T_T)
かかりつけの A病院の院長と相談した結果、
きちんと確定診断を出すためにも、
10/23(木)に 全身麻酔で 全摘し、病理に回すことに。。

神様、どうか、私たちの あずを、お守りください。
私たちも、全力で 守りますから。。


2014.10.08
前夜、ヘソ天してる あずのお腹に、
直径 3mm位の 白い半球状の シコリが!
とっても硬く、イヤ~な感じ。 (T_T)

朝一で、A病院の院長診察。
良生/悪性は、細胞数が少なすぎて、その場では
判断出来ないけど、乳腺腫瘍の一種らしい。

骨芽細胞腫みたいに硬いシコリで、
生検に 2回チャレンジ。
細胞数が不十分なら、明日午前中に
局部麻酔で再生検して病理に提出。
今日ので足りれば、病理の結果待ち。
結果は一週間位で来るはず。。 (-_-;)

悪性なら、周囲も含めて取るしかない。
良性でも、大きくなるようなら血管を圧迫するので、
取った方が良さそう。

神様、どうか良性でありますように。。 (-人-) 祈


2014.10.04
最近、便量が不規則。
ちょっとサボると、便秘気味になっちゃうから、
コールしてでも、させなくっちゃ。。 (-_-;)
-----
あず、8歳6か月
体重 8.55kg


2014.09.20
前足 肉球のふち(上側)に 赤いシコリ! (T_T)
よく見ると、左右の両前足に!!
抗生剤飲んで、経過観察。


2014.08.08
狂犬病の予防接種。
頑張った ごほうびに、病院帰り、
ソフトクリームを ちょぴっと 頂いて、
ゴキゲン直った、あずです。 ^^;


2014.08.04
あずの体重、夏ヤセ(?)で
いったんは 8.2kg まで減ったけど、
また、戻ってしまいました。 (-_-;)
-----
あず、8歳4か月
体重 8.5kg


2014.07.19
昨晩、部屋の中が 何やら ニオうなぁ と思ったら、
あずトイレシーツの上に、下痢が! (@_@;)
気付かなくって、ごめんね、あず。
おトイレで 1人で出来て、エライね、あず。

1日半ぶりに、ご飯、一気食いしたのが 原因?
便臭おならも、頻繁。

で、今朝、A病院を再診。
下痢止めの お注射。
これで、良くなりますように。。 (-人-)


2014.07.18
昨日の夕飯も、今日の朝食も、
全く口をつけない、あず。 (-_-;)
2食続けて 口もつけないのは、さすがに初めて。
飲水量も多くはなく、脱水も心配。。

夜、A病院、受診。
・脱水は大丈夫
・今晩も食べないなら、ガスモチン服用
・数日間、同じ症状だったら、再診
とのこと。
ところが。。

夕飯、一気、完食でした! \(^o^)/\(^o^)/
一体、何だったの? あず~。。


2014.07.07
最近、食欲不振の あず。
特にウチでは、全く 食べない事さえ。。 (-_-;)
夏バテか、
お散歩での おやつの もらい過ぎか、 ^^;
最近変わった 胃薬(制酸剤)のせいか。。

膵炎既往のあず、
制酸剤(モミアロン)がマストアイテムでした。
ところが、それが、最近、廃止され、
同成分の ファモチジンに 変わったのです。
あずぱぱ曰く、「それに変えてから、おかしい」 と。。

同成分の H2ブロッカーとは言え、
心疾患のある人には使えないなど、業界では
明らかに 区別して 扱ってるようなので、
気になって、今日、かかりつけの A病院で相談。。

血液検査の結果は、異状なし。 ホッ。
ただ、聴診の結果、腸の動きが良くないと。。 (-_-;)
で、胃酸の抑制よりも、まず、
胃腸の動きを 改善するのが 優先ということで、
ガスモチンを 処方されました。
(吐き気や嘔吐、食欲不振、胸やけなどの症状を
 改善する、消化管運動促進剤です)
ただし、食欲不振が ヒドイようだったら、
制酸剤の ファモチジンも 併用とのこと。

さて、新しい お薬、あずに 効くかな?


2014.06.21
2週間以上前に 見つかった、右口角の 腫れ物、↓
セカンド・オピニオンを求めて、S県 A市の F病院へ。
全麻+切除+生検の 1日処置覚悟で、
朝ご飯も 食べさせずに、来院。。

院長先生、患部を見るなり、ズバっと診断;
・これは心配不要。
・噛み合わせ部分の 慢性炎症が進行した、良性歯肉腫。
 (とても良くある症例)
・生検も治療も 不要。しばらく 経過観察。
・さらに大きくなって、噛む時に 出血したり、
 噛み辛そうにしていたら、再受診

とのことでした。
取り敢えず、ホッ! (*^▽^*)
(時間、余っちゃったな・・・)

毎晩の 歯磨きの時に、大きくなってないか、
傷ついてないか、看てあげるから、
痛くなったら、ガマンしないで、
ままに 教えてね、あず。。


2014.06.06
きのう、あずの右の口角内側に、
肉腫のような 2つの腫れ物、発見! (@_@;)
各々高さ 2mmぐらいの、ピンクの腫れ物。
3年前、上顎に出来たのは、
エプリス(良性(繊維性)の歯肉腫)だったけど、
(その時の経過は、コチラ
今回のは、形や 柔らかさが 違ってて、心配。

A病院で 診てもらうと、予想通り、
「これが何かは、生検してみないと、分からない」
とのこと。。(-_-;)

皮膚科の専門医の 来院日を待つか、
セカンド・オピニオンを聞きに 別病院へ行くか。。


2014.06.04
あずの体重、増えたまま、高値安定!?
・・・って、冗談言ってる場合じゃ ないですよね。
-----
あず、8歳2か月
体重 8.55kg


2014.05.31
去年 7月に、腎嚢胞が見つかった、あず。
もちろん、小まめな検査で、腎機能に
異常が出てないことは確認してますが、
嚢胞が どうなってるか、ちょっと、心配。。

という訳で、あれから 1年経ってませんが、
検査機器を 新しくした Y市 N病院で、今日、
腎嚢胞のエコー検査を 受けてきました。

結果、嚢胞は 大きくなってませんでした。 \(^o^)/
(小さくも なってませんが・・・ (-_-;)
・右腎の上部に 36×48mm の大嚢胞
・左腎に 径10mm、7mm、5mmの3つの小嚢胞

数字だけ見ると、去年より微妙に大きくなってるようにも
見えるけど、検査機器の精度が上がったし、
スライスする角度が変わると、これぐらいの誤差は出るそう。

そもそも根治の方法はないけど、大きくもなってないので、
それほど心配する必要はない。
後は、腎機能の定期的チェックが大切、とのこと。

ままが 全力で ケアしてあげるから、
あずは、今のままの あずでいてね。


2014.05.25
最近のあず、肛門腺の 腺液が 増加。
ふとした きっかけで 出てしまうこともあり、
2年前の炎症 の再発では!?と心配に。。

そこで、今日、Y市の N病院を受診。
院長先生は、いとも簡単に 腺液を 絞り出し、
いつものように、明快な説明;

・薄黄色で サラサラの腺液は、心配ない。
 (黒っぽかったり、粘性あると、炎症疑い)
・ふとしたことで出てしまうのも、心配ない。
 (本来、それが自然な出方)
・量が増えるのも、詰まってない証拠。
 (詰まると、再吸収され、量が減る)

という訳で、ステロイドも 抗生剤も 処方なし。 \(^o^)/

何だかとっても、安心しました。
人間には無い、わんこの肛門腺。
まだまだ知らないことばかりです。

来週末は、腎嚢胞のエコーで、
N病院を 再来院の予定です。


2014.04.04
あず、8歳。 \(^o^)/
これからも、元気で、笑顔でいてね。
-----
あず、8歳
体重 8.6kg


2014.02.04
腎機能観察のための、尿検査、
ちょっと、おサボリしてます。 (-_-;)
そろそろ、行かなきゃ。。
-----
あず、7歳10か月
体重 8.55kg
 
 
テーマ: 柴犬 -  ジャンル: ペット
by あずき  at 20:14 |  あずの健康 |   |   |  page top ↑

・・・あずの成長記録(2013)・・・

2013.12.11
腎機能観察のための、尿検査 3回目。
(11月は、おサボリしてしまいました (-_-;)
 pH 6.0。
 比重 1.2。
少し酸性側で、腎結石予防のためには最適! \(^o^)/
この値をキープしたいね。♪
-----
あず、7歳8か月
体重 8.6kg


2013.10.30
予防接種(7種混合)。


2013.10.18
腎機能観察のための、血液検査。
・尿素窒素 16.0mg/dl(基準値:9.1-31.9)
・クレアチニン 1.1mg/dl(基準値:0.5-1.4)
で、いずれも正常値。 \(^o^)/


2013.10.06
かかりつけの A病院にて、
腎エコー(腎嚢胞の経過診察)。
結果;
・右腎の上部に直径4cm
・左腎に 1cm×2個
(7月にCTで写った 0.5cm×1個は、消えたのではなく、
 今回のエコーでは写らなかったと考えるべき)

進行はしてないけれど、今後も 3か月おきに
1年間は 継続観察とのこと。
ふ~~む。。 (-_-;)
-----
あず、7歳6か月
体重 8.5kg


2013.09.11
腎機能観察のための、尿検査 2回目。
pH 7.0。
今回も、ちょうど中性で問題はないけど、やっぱ
腎結石予防のために、少し酸性側に傾けたいね。
血液検査は後日。


2013.09.07
狂犬病の予防接種。


2013.08.07
腎機能観察のための、尿検査。
pH 7.0。
ちょうど中性で問題はないけど、
腎結石の予防のためには、少し酸性側に傾けたいね。


2013.08.04
あず、7歳4か月
体重 8.45kg

状態維持。
でも、あまりの猛暑で、お散歩量が減ってるせいか、
一時的に 8.65kgまで増えることもあり、要注意!


2013.07.31
かかりつけの A病院で、
腎嚢胞の 今後の経過観察方針の話し合い。

1か月に一度の 腎機能検査(=尿検査)と、
3か月に一度の 腎嚢胞検査(=エコー検査)
となりました。

現状維持が、最大の目標です。
がんばるぞ、っと。 p(^-^)q


2013.07.13
2度目のエコーでも、腎嚢胞(じんのうほう)が。 (T_T)
(腎嚢胞=腎臓にできた液体のつまった袋)
Y市 N病院の CTスキャンで、精密に調べることに。

結果...
・右腎の上部に直径4cmの嚢胞
 (そのため、右腎が 2倍近い大きさに膨張)
・左腎に 9mm×2個、5mm×1個の嚢胞
が認められるとのこと。 (T_T)(T_T)

その他の所見としては;
・CBCおよび生化学検査の結果は、腎機能低下は無し。
・腎嚢胞は先天性が多い。
 生まれつき嚢胞があった可能性もある。
・進行性の多発性嚢胞腎という遺伝病があるが、
 その場合、普通は左右に大小多数の嚢胞ができる。
・多発性の症例は、猫に多いが、犬は少ない。
・あずの場合は数が少なく、多発性の可能性は低い。
・が、進行の有無を診るために、エコーによる定期的な
 経過観察が必要。

・腎嚢胞の治療法というのは無く、
 腎機能を保つための保存的療法が基本。
・万一将来的に嚢胞が大きくなると、まわりの腎実質が
 圧迫されて萎縮(いしゅく)し、腎機能が低下する。
・その場合、日常生活の制限、食事療法、合併症(高血圧、
 血尿、尿路感染など)に対する薬物療法を行う。
・今後の定期検診と生活注意点について、近所のかかりつけ
 医院と綿密に相談して欲しい。

生まれつき腎嚢胞があったかもしれない、あず。(T_T)
どんなことがあっても、この先、何が起こっても、
ぱぱ&ままが、必ず全力で守ってあげるから、
安心してね、あず。。


2013.07.08
かかりつけのA病院で 検診(エコー)してもらったら、
右腎臓本体か側に、水が溜まっているような影! (T_T)

のう胞腎、水腎症、腫瘍などが考えられる。
いつからあるのかは解らないけど、
少なくとも現在の血液検査上は、問題無し。

エコーでは これ以上の事は、解らないので、
CT検査が必要とのこと。

A病院の紹介だと 大学病院になり、土日は休診。
しかも、こちらからの日付指定は出来ない。

いろいろ考えたあげく、
あずの肛門腺問題を救ってくれた、Y市の N病院を
今週土曜に予約。

何ともないといいね、あず。


2013.06.09
あずの 歯科定期健診で、S県の F動物病院へ。
前回から、まだ 4か月ちょっとですが、
歯磨きの時、歯肉出血することが
ちょっと 増えてるような 気がしたので。。

あずの歯茎を ご覧になった、院長先生、
「大丈夫、心配 要りませんよー」 (^-^)v

・歯茎は、きわめて キレイ。炎症なし。
・ブラッシングは、弱く。
・強いブラッシングだと、出血することがある。
・歯肉炎の場合、少量の出血は 良いこと。
 (血が溜まると、炎症が進行するので)

とのこと。
歯ブラシを 2本購入して、健診、終了~。


2013.06.04
あず、7歳2か月
体重 8.45kg
減ったり、増えたり、一喜一憂・・・。 ^^;


2013.04.04
あず、7歳! \(^o^)/
体重 8.55kg
んん?
この増え方、かなり、ヤバくね?


2013.02.04
あず、6歳10か月
体重 8.20kg
歯の治療とか、いろいろあって、少しお痩せに?


2013.01.27
あず、本日、歯の治療。
場所は、埼玉県の F動物病院。
10:00に お預け、お迎えは 16:30予定。

その間の流れは...
・麻酔導入
・歯の詳細検査(レントゲン撮影など)
・処置
・麻酔覚醒確認
・お迎え

結果、

1.歯髄が 薄っすら赤く見えてた 右奥歯の 破折部は、
 表面への 歯髄の露出や、歯根部までの炎症は無く、
 表面を 軽く削って、充填剤で保護。

2.歯肉出血は、計 3箇所。
 いずれも 歯周ポケットは 深くなく、抜歯不要。 \(^o^)/
 処置は、超音波スケーリングのみ。
 (出血の原因は、磨き過ぎと、
  自宅でのスケーリング...なの? (-◇-;)

麻酔後の覚醒具合が 良かったらしく、
予定よりも 1時間早く 連絡を頂き、お迎え。

今まで、市販の 子供用歯ブラシを 使ってましたが、
今後の対策としては、
今回治療してくださった F先生と メーカーが
去年開発されたばかりという ペット用歯ブラシと、
自然酵素等を含む、デンタルペーストを使用。

ガムとかの 固いオヤツは あげられなくなるけど、
一生、自分の歯で カミカミして欲しいから、
今まで以上に ケアに 気を配らなきゃ
って思う、あずまま なのでした。 (^^;


2013.01.17
歯肉出血の量が若干増加。
急遽、埼玉の F動物病院(院長、歯科担当)受診。

●診断結果:
出血部位は、歯周病の可能性あり。
加えて、右奥歯外側の平板(エナメル質)破折発見! (@_@;)
(破折部位...薄っすらとではあるが、やや赤く歯が変色。
 歯髄部分が 透けて見えていると 思われる)
1/27にレントゲン撮影+全身麻酔による治療、予約。 (T_T)

撮像で、破折部に穴が無く、内部への細菌感染が無ければ、
破折部を充填するだけで良いとのこと。

●原因分析:
あずのように 幼少期に ジステンバーにかかると、
栄養障害によるエナメル質の形成不全により、
歯がもろくなって 折れたり欠けたりする傾向がある とのお話。

他の症状としては、歯の表面が変色したり、知覚過敏など。
また、形成不全の歯の表面は、歯垢・歯石が溜まりやすくなるため
注意が必要とのこと...。

確かにあず、毎日歯磨きをしていても、
・歯垢が溜まり易い
・歯垢が無くても、薄っすらと黄色味がかってる部分がある
等、気になってたけど。。

他の獣医師から、
「よだれが少ないと、歯が汚れ易い」
と聞いてたため、歯の汚れは、
あずが極端に よだれが少ないせいだと 思い込んでた。

実際、1/27の歯の撮像を見ないと 何とも言えないけど、
ジステンバー後遺症のせいで、
歯が汚れ易かったり、歯が欠けてしまってたとしたら、
それに気付けなかった事が、
あずに申し訳なくって、ショック...。(TT)


2013.01.14
歯ブラシが ほんの少し当たるだけでも、ブラシが 血に染まる。
更に、その部位の 歯ブラシを嫌がる。
急いで、かかりつけ A病院受診。
若干、歯肉の下がりはあるが、大丈夫そう...
と様子見となる。


2013.01.11
昨年末と 同じ部位、ブラシ時の 歯肉出血あり。


2013.01.04
昨年11月に見つかった、腰部のシコリ、
もう殆ど触れない状態。
毎週の計測終了となる。
 
 
テーマ: 柴犬 -  ジャンル: ペット
by あずき  at 20:13 |  あずの健康 |   |   |  page top ↑

・・・あずの成長記録(2012)・・・

2012.12.21
左上顎、犬歯から 2番目の歯肉から、
歯ブラシ時に 2度ほど少量の出血が見られる。
歯ブラシの力が 強すぎ...?


2012.12.09
毎週、ほんの少しづつ シコリ収縮。
----------
あず、6歳8か月
体重 8.35kg
寒くなって、体重もじわりと増加?


2012.11.26
1週間後、若干シコリが小さくなっている。
ステロイド内服は 中止し、1週間毎に シコリの大きさ測定。
エリカラ、洋服続行。


2012.11.19
腰部に、いつもの 噛んだ後のような 抜け毛部分が。
で、その付近に、2.5×1cm位の 硬い シコリ発見。 (@_@;)
痛がる様子は無いけど、気になって、噛む。
針生検の結果、炎症細胞のみ。
ステロイドを 1週間内服し、腰部を噛まないよう
エリカラと 洋服着用で、様子見。


2012.10.30
予防接種(7種混合)。


2012.10.04
あず、6歳6か月
体重 8.15kg


2012.10.01
旅行から帰って、A病院で、擦過傷の診察。
抗生剤(飲用)が処方され、
「患部を よく洗ってください」
との事。

家に帰って、患部を洗って、ドライヤーを掛けてると、
な、なんと!
噛んだ時に 耳の後ろと 対になる箇所(頭頂部)に、
2本の牙で 皮膚を貫通した 痛々しい跡が!

まさかと思って、右首も見ると、
やはり、噛んだ時に 対になる場所に、
2本の牙の跡…。(>_<)

現地で発見したのは、どちらも軽症の 2箇所
(おそらく、下の前歯が当たった場所)だけで、
肝心の 2本の牙が ささった 重症部位を、
2箇所とも 見逃してたなんて…。

あの時の あずの悲鳴は、擦過傷の方じゃなく、
このささった牙が、痛かったからなんだね。
気付いてあげられなくて、ごめんネ、あず…。(T_T)

A病院の 夜間救急に 駆け込む。


2012.09.28
飛騨のホテルのランで、あず、わんこに 噛まれる。 (>_<)
5年も お付き合いがある わんこだから 大丈夫と、
ランで おやつを出した 私にも 責任が。。

右耳の後に 擦過傷。
右首は、毛がむしられ、擦過傷。

大丈夫そうだけど、念のため、ホテルのオーナさんが、
鮫油(スクアレン)の消炎剤(サメミロン)を
塗って下さいました。感謝。
その後、持参した抗生剤も 服用。

ところが…。
( ↑ 2012.10.01 の記事参照)


2011.09.14
狂犬病の予防接種。


2012.08.24
術後の経過....

手術翌日夕方:
元々 卵巣機能が 悪かったらしく、
乳腺が ガチガチに張り、表面の熱も 高く、
傷の部分も つれる為、痛みもあるようで、かなり辛そう。 (T_T)
表面を縫合している 糸のアレルギーで
縫合部分周辺に 小さな発赤。

術後2日目:
乳腺の張り、更に強くなる。
糸のアレルギー抑制の為、注射による薬剤投与。

術後3~7日目:
縫合部、薬剤塗布にて様子見。

術後9日目:
左腕(前足)内側、腹部共に半抜糸。
乳腺の張り、かなり引き、少し楽そう。
ソファーから 降りられるようになる。

術後12日目:
全抜糸。
皮下の融ける糸が、まだ表面から触って分かるものの、
たまに ヘソ天をするようになる。
但し、術前にしていた 後ろ足での立位は まだ響くようで、
テーブルに手をかけて立っても、すぐに座り込んでしまう。


2012.08.12
初回から、ずっと気になってた、あずの 偽妊娠。
通常のパターンより、偽妊娠が 遅く来て、長く継続。
子宮蓄膿症などの 発症率も 高いので、
シーズン後は、頻繁に エコーで 確認してました。。

が、特に今回(5~6月)の シーズン後、子宮の戻りが悪く、
「どちらかと言えば、正常とは言いがたい」
との 獣医師判断。 (T_T)
年齢、全身麻酔の負担、今後の蓄膿症への 移行リスク 等々、
直前まで悩んだ末、左腕の 脂肪腫 切除と同時に、
子宮&卵巣の 摘出手術も 行う決断を。。。 (>_<)

摘出した子宮は、やはり、通常のと比較して、
かなり ゴツゴツした状態。
中には 粘液状のモノが 溜まっていて、粘液症状態だったと。

麻酔導入 ~ 手術 ~ 半覚醒まで、昼過ぎから 1時間半。
ほぼ 全覚醒に至るまで、4時間ほど、病院でお預かり。
当日は、絶飲絶食。
( 1日半に 必要な水分などは、補液で まかなう )
抗生物質は、注射投与。
創部の 観察のみで、異常が無ければ、飲み薬、消毒は、不要。
創部は 特に覆わず、エリカラ、洋服で 保護中。

あずにとっては、飛んだ災難の日に なっちゃったね。
あずの 同意も 得てないのに、こっちの 判断だけで 手術しちゃって、
本当に ゴメン。
ゴメンネ、あず。。

。。 けど、良くないモノが 取れて、
これからは、良い方向に 向かうと イイね。
ねっ、あず。


2012.08.12
左肘関節内側の、脂肪腫(疑)摘出術。
結果、見た目は 脂肪腫っぽいものの、念のため病理検査へ。
腫瘍は、筋肉組織に しっかり食い込んでいて、
早めに摘出して 良かったとの事。 (^-^)

それよりも、もっと、大変なことが。。
( ↑もう一つの 8/12の記事 参照 )


2012.08.05
あずの左肘、関節の内側に、やや弾力のある グリグリ発見。(>_<)
・触って痛がる様子無し。
・皮下組織にしっかり固着してて、動かない。
・形状 - 直径1.8mm、高さ3mm 程の、平らなドーム状。
慌てて受診。。

獣医師によると;
・針生検では、脂肪のみ採取。
・全体が脂肪なのか、たまたま刺した部分が脂肪だったのか、
 判断が難しい。
・出来た場所が関節に近接してて、脂肪腫だったとしても
 大きくなると神経圧迫等の危険がある。
・今の内なら、傷も小さく、簡単に取り出せる。
・来週なら術日、空いている。

「ら...来週...?」 /(-□-;\


2012.08.04
あず、6歳4か月
体重 8.35kg


2012.06.10
あず、10回目のシーズン、終了です。
今回も、ぴったり 3週間でした。
ここまで正確だと、ちょっと驚きです。 (@_@;)


2012.06.04
あずの シーズンも、あと 1週間ぐらい でしょうか。
お散歩してないので、ちょっと 太ってきました。 (@_@;)
----------
あず、6歳2か月
体重 8.55kg


2012.05.20
あず、10回目のシーズン、突入です。
今回も、ちょっと遅れて、8か月でした。

・ 誕生から1回目まで: 222日
・1回目から2回目まで: 215日
・2回目から3回目まで: 255日 ←遅れパターン(1) 8.5か月
・3回目から4回目まで: 219日
・4回目から5回目まで: 272日 ←遅れパターン(2) 9か月!
・5回目から6回目まで: 252日 ←遅れパターン(1) 8.5か月
・6回目から7回目まで:  86日 ←今回、イレギュラーです!
・7回目から8回目まで: 217日
・8回目から9回目まで: 257日 ←遅れパターン(1) 8.5か月
・9回目から10回目まで: 243日 ←新たな遅れパターン 8か月


2012.04.04
肛門腺炎の 2か月の治療が終わって、3日。
今のところ、経過は良好です。

6歳の誕生日、おめでとう、あず。
----------
あず、6歳
体重 8.35kg


2012.02.17
肛門腺の炎症、なんと、
常用してた抗生剤の 耐性菌が! (T_T)

肛門腺を消毒液(イソジン)で消毒し、腺液を搾ってから
別の抗生剤(ゲンタシン)を直接注入する治療開始。
しかも、2日に1回! (@_@;)
大変だけど、頑張ろうね、あず。

ここからの長い治療経過は、コチラ


2012.02.08
やっと 肛門腺液、搾り出してもらいました。
ふぅ~。
培養の結果(耐性菌の有無)が出るまで、
1週間ぐらい かかるとのこと。


2012.02.04
偽妊娠期から休止期に入った、あず。
食欲 max、遊ぶ気 maxです。

と思ったら、肛門腺の炎症、再発! (T_T)
抗生剤の注射、過去、何度も打ったので、
今回は 耐性菌の有無を 調べてから、ということに。

ところが、そういう時に限って、肛門腺液 搾り出せず、
培養のための 検体取れず。 (>_<)
----------
あず、5歳10か月
体重 8.25kg
 
 
テーマ: 柴犬 -  ジャンル: ペット
by あずき  at 20:12 |  あずの健康 |   |   |  page top ↑

・・・あずの成長記録(2011)・・・

2011.12.04
食欲 maxの、あず。
偽妊娠の時期は、いつも こうだけど、
夜中 12時過ぎの おねだりには、参ります。。
太っちゃうから、お夜食は ダメだよ、あず!
----------
あず、5歳8か月
体重 8.45kg ← 着実に 増加…。 (-_-;)


2011.10.27
予防接種(7種混合)。
単に1年経ったから、という理由で接種したのですが、
これが、トンデモナイ間違いだったと
翌日に 知らされることに・・・。 (>_<)
詳しくは、コチラ


2011.10.25
あずの 上あご 前歯のすぐ裏の、歯肉腫(エプリス)。
記事を 別出しにしました。 詳しくは、コチラ
神様、どうか大事に至りません様に。。 (-人-)


2011.10.12
あず、シーズン、終了です。
今回も、3週間と 1日。
相変わらず、正確ですね~~。


2011.10.04
最近、ごはんをよく残す、あず。
食欲の秋なのに…?
朝食は、ほとんど食べない日が続き、
きのう、今日は、わんこパン 1枚だけ。

今晩は、いつもの 7割に減量したら、完食。
むむむ・・・ (-_-;)
----------
あず、5歳6か月
体重 8.35kg ← 元に戻りましたが…。


2011.09.20
あず、9回目のシーズン、突入です。
今回は、かなり遅れて、ちょっと ドキドキ。。
でも、来てみれば、遅れパターン(1)の 8.5か月でした。
(遅れパターン(1)は 3回目)

・ 誕生から1回目まで: 222日
・1回目から2回目まで: 215日
・2回目から3回目まで: 255日 ←遅れパターン(1) 8.5か月
・3回目から4回目まで: 219日
・4回目から5回目まで: 272日 ←遅れパターン(2) 9か月!
・5回目から6回目まで: 252日 ←遅れパターン(1) 8.5か月
・6回目から7回目まで:  86日 ←今回、イレギュラーです!
・7回目から8回目まで: 217日
・8回目から9回目まで: 257日 ←遅れパターン(1) 8.5か月


2011.09.08
ダニ・ショック、再び!! (T_T)
今度は、左後ろ足の内側。
あず犬生で、2度目!(初回は2011/08/09↓)

幸い、また吸血前だったけど、今回も;
・前回フォートレオンから 1か月後
・ロンパースの内側
・わんわん♪広場のお散歩のみ
と、前回との共通点多数。
今年のわんわん♪広場、ダニの当たり年なの??


2011.08.31
狂犬病の予防接種。
去年は、体重激減騒ぎで、夏に打てなかったけど、
今年は、元のサイクルに戻せました。 p(^-^)q


2011.08.19
朝、A病院から電話。
Spec cPL(犬膵特異的リパーゼ)が 172μg/L!
基準値≦200なので、膵炎グレーゾーン(疑い)って。 (>_<)
慌てて A病院へ。

膵炎慢性化の恐れは捨て切れないものの、現在は、
・食欲減退だが、元気はあること
・CRP(炎症マーカ)が 0.00mg/dl であること

から、緊急処置が必要な状態ではないとのこと。
お散歩は休み、CRPを定期的に測定して 様子を見ることに。。

あずの膵炎再発防止のためなら、
何でもする覚悟の、あずままです。


2011.08.17
肛門腺、絞ったばかりなのに、お尻ひきずる。
お尻、カユいのかな?
炎症を起こしてるかもしれないので、
念のため、A病院で抗生剤をチックン!
(泣き叫び max でした ^^;)

食欲なく、下記↓も気になるので、血液検査。
CRP(炎症マーカ)は 0.20mg/dlで、深刻ではありません。
念のため、Spec cPL検査も。結果は、明後日。


2011.08.15
早朝、久しぶりに 胃液を嘔吐。
(おそらく、1年3か月ぶり)

また、いつもの空腹か?とも思ったけど、
昨晩、制酸剤、飲ませたし、
そう言えば、最近、食欲が落ちたし。
(なので、排便も少なめのことが)
・・・

これは、ちょっとイヤな予感。。
(昨年 5月の膵炎の再発? 慢性化??)
でも、A病院の診察台の上では、とっても元気。^^;
体重 7.85kg


2011.08.09
足洗いの時、左腕の内側に、血豆!?
・・・と思ったら、な、なんと、ダニ!!!
シャワーで流したら簡単に流れてったので、
まだ吸血前だったもよう。
前回フォートレオンから 1か月と 1日。
効き目が薄れてたの???

それにしても、5年間、
散歩でも、ランでも、キャンプでも、
一度も ダニに ヤラれたこと、無いのに。(T_T)
しかも、ロンパースの袖の中に入ってくるなんて…。
憎きダニめ、二度とあずに触るなー。


2011.08.04
食欲は 戻っても、体重の 微減が止まらない、あず。
やっぱ、余震のストレスなのかなぁ?
(震度2でも、吠えながら 逃げ惑います (T_T)

獣医の先生にも 頻繁に相談してますが、
身体には異常なく、依然、経過観察です。
----------
あず、5歳4か月
体重 7.90kg ← 2か月前に続き、7kg台!


2011.06.04
偽妊娠も終わり、ここ 1か月、
食欲が 少し落ちて、体重の 微減が続く、あず。
大震災後の 余震のストレス?
それとも・・・?

血液検査やエコーも 何度も受けたけど、
いずれも異常なし、継続観察。
なんともありませんように。
----------
あず、5歳2か月
体重 7.95kg ← 生後 8か月以来の 7kg台!


2011.04.04
ようやく 桜が 咲き始めた 今日、
5回目の 誕生日を 迎えた、あず。
あず地方をも 襲った、大震災。
あれから 3週間。
あず家の 家具や 壁よりも、
ずっと ずっと 大きく 深く 傷ついた、あずの心。
時が 経って、少しは 癒えてきた・・・かな?
・・・そうだと いいな。
----------
あず、5歳
体重 8.55kg ← さらに微増 (-_-;)


2011.03.23
今回の震災、わんこの 心にも、
計り知れない 大きな傷跡を 残しました。
TVで 緊急地震速報の アラーム音が 鳴るだけで、
バウワウ! と吠えて、おろおろと 逃げ惑う、あず。
小さな胸が、どれだけ 不安に 支配されてるのだろうと
思うと、涙が 出てきます。 (T_T)

動物病院に相談し、処方された精神安定剤「アセプロ」。
あずの身体には 全く合わず、逆効果でした。
( 意識は緊張してるのに、筋肉が弛緩して 思うように動けず、
  でも 動けないことの 原因が 本人には 分からず、
  さらに、不安を増長させてるようです・・・(>_<)


2011.02.04
あず、8回目のシーズン、終了です!
今回の期間は、4週間と、ちょっと長め。
でも本格的開始から数えると、3週間と 4日間でした。
----------
あず、4歳10か月
体重 8.5kg ← んんん? 順調に(?)微増 ^^;)


2011.01.06
あず、8回目のシーズン、突入です。
今回も、すっごい正確に、7か月周期。
元に戻って、ほっとしました。 (^.^)

・ 誕生から1回目まで: 222日
・1回目から2回目まで: 215日
・2回目から3回目まで: 255日 ←歴代2位の間隔!
・3回目から4回目まで: 219日
・4回目から5回目まで: 272日 ←最長記録です!
・5回目から6回目まで: 252日 ←歴代3位の間隔!
・6回目から7回目まで:  86日 ←今回、イレギュラーです!
・7回目から8回目まで: 217日 ←元の周期に戻りました!

やっぱ、ステロイドを完全に切ったから、
シーズンが無理に抑えられることも無くなったのかな?
(と、勝手な想像)
とにかく、一安心です。

追記:
始まっても、最初は あるのか 無いのか 判らないぐらい。
本格的なのは、4日後ぐらいから。
 
 
テーマ: 柴犬 -  ジャンル: ペット
by あずき  at 20:11 |  あずの健康 |   |   |  page top ↑

・・・あずの成長記録(2010)・・・

2010.12.07
狂犬病の予防接種。
あずが、ただ一人、大好きな獣医さん(女医さん)。
先生との再会と おやつで 狂喜乱舞してるうちに、
チックン。
今年も あっという間でした。(^-^)


2010.12.04
完全手作り食にしてから、ダイエットに成功した、あず。^^;
3年前の体型と比べるために、
ちょっと細かく身体測定、してみました~。

体重 8.3kg (-1kg!)
首周 32cm
胸囲 53cm、胴囲 (腰まわり) 37cm (-8cm!)
体高 35cm (腕のつけ根から足首まで 22cm 床まで 24cm)
体長 36cm (首のつけ根から尻尾のつけ根まで)
 腕つけ根周囲 12cm、手首周囲 8cm
 足つけ根周囲 27cm、足関節周囲・膝周り 10cm
 腕つけ根~足つけ根 23cm

体重と胴囲以外は、ほとんど変わってません。
それにしても、ウェスト -8cmは、スゴイ! パチパチ…。
(見習いたいものです… ^^;)


2010.10.28
予防接種(7種混合)。
今年も、診察台から逃げようと、ままの肩へ。(汗)
その体勢のまま、お尻にちっくん!
無事、終りました。(笑)


2010.10.04
10月に入って涼しくなり、
あずの食欲も、少ーし戻ってきました。\(^o^)/

あず、旅行疲れ?
それとも、単なる 夏バテ??
----------
あず、4歳6か月
体重 8.2kg


2010.09.30
夏旅行(前半)の後、食が細くなった、あず。
夏旅行(後半)の後、ついに体重が 8.1kgに! (・・;)

8.4kg位まで減った時でも
 「大丈夫ですよ」
と おっしゃってた獣医の先生も、
さすがに今日は、血液検査と腹部エコー。

でも、結果、異常なし。
 「ホルモンバランスかも しれませんね」
とのこと。
食欲不振が続くようなら、週2回の 腹部エコーで
経過注意観察。

う~ん、何が原因だろう?
どっか痛いのかなぁ。。。
あずが しゃべれたら いいのにね。


2010.08.04
あず、4歳4か月
体重 8.7kg


2010.06.23
ヒート終了です!
今回も、ほぼ 3週間でした。


2010.06.21
出血量が少なくなってきました。
いつもどおりなら、あと数日でヒート終了です!


2010.06.07
尻尾の根元付近の 炎症、再発!(泣)
去年 4月の と同じ感じです。

今回も 自分噛みで 範囲を拡げてしまったらしく、
本日、抗生剤のお注射。
(膵炎の病み上がりで、ステロイドは使えないし)

またも エリカラ生活の、あず。
早く治そうね。


2010.06.03
全く予想外のことが起きました。
な、なんと、あず、7回目のシーズン、突入です!
いつもは 7か月周期の、あずのシーズン。
今回は、前回から 3か月しか経ってないのに…。

・ 誕生から1回目まで: 222日
・1回目から2回目まで: 215日
・2回目から3回目まで: 255日 ←歴代2位の間隔!
・3回目から4回目まで: 219日
・4回目から5回目まで: 272日 ←最長記録です!
・5回目から6回目まで: 252日 ←歴代3位の間隔!
・6回目から7回目まで:  86日 ←今回、イレギュラーです!

前回、ステロイドの服用で、途中で止まってしまったシーズン。
その後の膵炎の治療で、ホルモン周期がリセットされたのかな?
とにかく、獣医の先生に診てもらおうと思います。
----------
あず、4歳2か月
体重 8.85kg


2010.05.03
膵炎の経過記録は、コチラ

頑張れ、あず。 負けるな、あず。
0歳のジステンバー(疑)以来、最大のピンチ到来だけど、
あずが 笑顔を 取り戻すまで、
家族みんなで、必ず乗り越えるからねっ!


2010.05.01
ノルバサン消毒液が効いて、右脇の湿疹、治りましたっ! \(^o^)/
…と喜んだのも束の間、次の問題、発生です。
以前の血液検査で、腎機能が少しだけ気になって、1日の食生活を、
 フード2食 → 朝フード+夜(たんぱく抑え、水分多めの)手作り食
に変えて臨んだ血液再検査、甲斐あって腎機は改善したものの、
今度は肝機が NGに! (T_T)

いただくおやつの添加物? 抗生剤なんかの薬の飲ませ過ぎ?
それとも…??
手作り食を脂肪、たんぱく質を抑えたものに変更して、頑張らねば!
ふ~~。


2010.04.20
右脇の赤い発疹、もう 2週間。
塗布する抗生剤を変えて(ゲンタシン)最初は好転したものの、
その後は、あまり 快復せず。

きのう 別の獣医さん(A病院)に再度診てもらうと、
「これ以上 塗り薬を続けると、皮膚も荒れる。
 消毒液に変えてみましょう」と。

抗生剤の塗布は 中止し、
ノルバサン消毒液2.0(シャンプー(0.5)の 4倍濃いもの)で
きのう、浸け置き洗いしたところ、1日でかなり快復しました!
ステロイドの内服も減らして切って、この消毒液に賭けてみます。


2010.04.14
あず、月に 1回の病院(K病院)でのシャンプー。

右脇の赤い発疹、抗生剤の塗布でも、最初は悪化し、
その後も 一進一退。
おとといからステロイド内服も追加するも、好転せず。
獣医さん(K病院)に「球菌が出てる」って言われて、
塗布する抗生剤を変更(ビクタス→ゲンタシン)することに。

痛いの? それともカユイの?
早くよくなりますよ~に。(祈)


2010.04.05
右脇に赤い炎症が!(涙) 内出血? それとも湿疹?
ちょうど新しいハーネス(胴輪)があたる所だけど、因果関係は不明。
獣医さん(A病院)の診察で、抗生剤(ビクタス)を塗布することに。
早くよくな~れ。(祈)


2010.04.04
桜の花 満開の 今日、4回目の 誕生日を迎えた、あずへ。
毎年 同じだけど、今年も あずと、
それを 支える 皆さまへの 感謝を、日記にします。

この1年間も、元気に 過ごしてくれて、ありがとう、あず。
あず家に、笑顔と 楽しさと 安らぎを いっぱい 運んでくれて、
ありがとう、あず。
あずが 元気で 楽しそうに 過すこと。
これだけが、まま&ぱぱの 願いです。
これからも、ずっと ずっと、元気で 健康で いてね。

このブログで、3歳のあずを見守り、励ましてくださった 皆さま、
本当に ありがとうございました。
たくさんの お祝いの メッセージや プレゼント、
いくら 感謝しても、し切れません。
皆さまの 存在 それ自身が、あずにとっての、最高の 宝物です。
これからも、いつも、あず家の そばに いてください。
お願いします。
----------
あず、4歳
体重 9.35kg


2010.03.27
あず、6回目のシーズン、終了です(…かな?)
ほんとに終了なら、今回は 2週間と 3日の 最短記録。

今回の前半は、ステロイド服用のせいで、
出血が止まったり、再開したり…。(泣)
でも最近は、ステロイドも切ってるし、
出血も 3/25頃から薄くなった(終盤の兆候)し、
やっぱ、終わりなのかな…。

教訓:
シーズン中は、ホルモンバランスを崩さないよう、
ステロイドの服用は、極力避けるべし!


2010.03.21
首の炎症が、ほんの少しだけ落ち着いたので、
昨晩から、ステロイド錠の服用を 2晩に 1回ペースにしました。
…の途端、シーズンの出血、ちりっと再開です!?
やっぱ、ステロイドがシーズンを止めてたってこと!?

ステロイドは急には切れないので、今晩は半量 飲ませました。
明日以降も、様子見の日々は続きます…。 はぁ~。


2010.03.16
2日前から、あずに異変が!
シーズン途中で、出血が止まってしまったのです。
心配になって、獣医さんに診てもらうと、
「抗炎症で、ステロイド、服用させてませんか?」って。

たしかに、洋服の首周りが当る部分の炎症がヒドくって、
先週 3/10から半量(1錠)ずつ、飲ませてました。
ステロイドを服用すると、シーズンが来なかったり、
中断したりすること、あるのだそうです。
子宮のエコーは、何ともありませんでした。ホッ!

とにかく、首の炎症が峠を越えたら、
ステロイドを徐々に減らして、様子を見ることに。
心配の絶えない子だわ~。(T_T)


2010.03.10
あず、6回目のシーズン、突入です。
前回から、8か月と10日。
今回も 1か月以上遅れての始まりです。
(規則性は、ますます、あてにならなくなりました。(涙))

・生まれてから1回目まで: 222日
・1回目から2回目まで: 215日
・2回目から3回目まで: 255日 ←歴代2位の間隔!
・3回目から4回目まで: 219日
・4回目から5回目まで: 272日 ←最長記録です!
・5回目から6回目まで: 252日 ←今回、歴代3位の間隔!

みなさん、4月 新年度になったら、
また あずと、遊んでくださいね~。


2010.02.04
右目の下の炎症は、一進一退。
消炎の目薬と、ヒドイ時は ステロイドの軟膏を。
頑張って 治そうね、あず!

あと、尿のアルカリ値が高いのも 気になります。
2度続けて、pH 8.0。
結晶は出てませんが、次回も同じ値だったら、
フードを、pHケアから pHコントロールに変えることも
考えなくっちゃ。
ふ~~。
----------
あず、3歳10か月
体重 9.2kg


2010.01.31
最近、あずの右目の下の毛が、はげてきました。(泣)
よく右手でこすってるので、痒い原因は?と思って見てみたら、
なんと! 直径1mmぐらいのニキビみたいのが!
獣医さんに見てもらったら、(ニキビダニではなく)
軽い炎症とのこと。
消炎剤の目薬ポッチして、早く治そうね。
テーマ: 柴犬 -  ジャンル: ペット
by あずき  at 20:10 |  あずの健康 |   |   |  page top ↑

・・・あずの成長記録(2009)・・・

2009.12.05
夜、あずの左手を ふと見ると、
人差し指 肉球の側面が 真っ赤に炎症!?
月曜に抗生剤、打ったばっかりなのに…。(涙)
雨の中、無理にお散歩させたのが いけなかったのかな。
あず、ごめんね。明日はお散歩、お休みだね。
お薬塗って、早く治そうね。
----------
あず、3歳8か月
体重 9.55kg


2009.12.01
そろそろ 2週間前の抗生剤の効果が 切れる頃。
きのう、右腰の赤味が また増してきてしまいました。(涙)
洋服を脱いでるほんの少しのスキに、
あずが掻いてしまっているのも 原因かも。
再度、抗生剤の注射を打ってもらうと同時に、
ステロイド、毎日1錠(それでも規定の半分)。ふぅ。


2009.11.20
右腰の腫れ、ほとんど引きました。
傷も かさぶたになったし。
ステロイドは、明日からは1日おきで良さそう。
快復して、良かったね、あず。


2009.11.16
昨夜、あずの右腰に赤い噛み傷 発見!
真ん中が白く膿んでて、周囲も腫れてます。(涙)
今日、病院で、抗生剤のお注射を。
(例によって、お尻にちっくん!)
痒み止めの抗ヒスタミン剤と、
ステロイドの飲み薬(半錠)も併用。
家の中でもお洋服を着て、掻くの禁止です。
早くよくなりますよーに。


2009.10.28
予防接種(7種混合)。
例によって、診察室から逃げようと、ままの肩へ。(汗)
その体勢のまま、お尻にちっくん!
無事、終りました。(笑)


2009.10.4
おなかに黒いシミ!?
先生は、
 「硬かったり、盛り上がったりしてないですね。
  ただの色素沈着だから、大丈夫」
って。
抜け毛が多いせいか、痒がって可哀想。
痒みを抑える抗ヒスタミン剤(わんこへの効能は少し疑問)と、
腸内細菌を整える乳酸菌が、毎日欠かせません。
痒みがヒドイ時だけ、半錠のステロイド(通常の 1/4)を1日おきに。
----------
あず、3歳6か月
体重 9.35kg


2009.8.5
狂犬病の予防接種。
あずが、ただ一人、大好きな獣医さん(女医さん)。
しっぽフリフリ、耳を水平にして 喜んでるうちに、
あっという間に、チックン、終りました。
----------
あず、3歳4か月(1日過ぎちゃったけど)
体重 9.2kg (←九州旅行疲れ?)


2009.7.21
あず、5回目のシーズン、終了です。
今回も、ぴったり3週間でした。


2009.7.1
あず、5回目のシーズン、突入です。
前回から、ぴったり9か月。
予定から2か月近くも遅れての始まりです。
(規則性は、もう、あてにならなくなりました。(涙))

・生まれてから1回目まで: 222日
・1回目から2回目まで: 215日
・2回目から3回目まで: 255日 ←これも長かった!
・3回目から4回目まで: 219日
・4回目から5回目まで: 272日 ←今回、最長記録です!

梅雨が明ける頃には、シーズンも明けるかな?


2009.6.25
右手の肉球(手のひら?)の根元側に、
ぷちっと硬いしこり、発見 !!! 直径 2mmぐらいです。

獣医さんに診ていただくと、
 「表皮嚢胞(のうほう)」
との診断。腫瘍ではないそうです。 ほっ!
毛穴が変化して嚢胞(袋)になり、
その中に角化物が溜まってしまったんだそうです。

放っておくと炎症を起こしてしまうこともあるので、
角化物を絞り出して消毒してもらいました。
再発に気をつけなくっちゃ。
次から次へと、悩みは尽きないわ・・・。 ふー。


2009.6.4
あず、3歳2か月
体重 9.55kg (←少しずつ着実に増量 !?)


2009.5.21
フィラリア予防の開始前に恒例となった、健康診断。
なんと今回、腎臓、膵臓関連の値が高めに出て、超ショック !!!

尿素窒素(正常 8-32mg/dl): 27
クレアチン(正常 0.9-2mg/dl): 1.7
アミラーゼ(正常 504-1598IU/l): 1472

正常値内ですが、上限ギリギリです。
先日の尿結晶は-(陰性)だったのに・・・。
今の尿結晶のケア食は、塩分多めで飲水量を増やし、
尿量を増やして結晶を防ぐようなのですが、
この塩分多めが、腎臓に負担をかけてたのかも・・・(想像)。

明日から、別タイプの尿結晶ケア食を探す毎日になりそうです。
あずの健康のために、がんばろっと!


2009.4.25
尻尾の湿疹の その後。
すっかりかさぶたになり、お薬(ステロイド)も切って、今日で3日目。
このまま かさぶたが取れて 完治!
・・・かと思いきや!
なんと、今日、自分で噛んだのか、
また真っ赤に炎症を起こしちゃってました。(涙)

獣医の先生に相談したところ、
今までの 1/2量のお薬を、1日おきに再開することに・・・。(泣)
治すためには、噛んじゃダメだよ、あず!


2009.4.6
1週間ほど前から、尻尾の根元付近に ポツポツ発見。
しきりにカミカミするので、悪化させまいと消毒&軟膏で3日ほど処置。
でも、気付けば自分の噛み傷で、
かなり広範囲に炎症を起こしちゃってました。
慌てて先生に診てもらったけど、
 「毛を刈って、しっかり消毒、お薬を塗った方が良いでしょう」
と。

ガビ~ン・・・。
ごめんよぉ~ あず。
もっと早く病院で診てもらえば、こんなに悪化させずに済んだのにね。
およそ、6cm×2.5cmのおハゲができちゃいました。
あず、初の毛刈りです。。。

他は、抗生剤のお注射&かゆみ止めと、
短期間の弱いステロイドの内服。
処置、痛かったね。
よく頑張ったね、あず。

こうして、『初エリカラ』 となった、あずでした。
早く傷が治って、刈った毛も生えてきますようにと願う、
あずぱぱ、ままなのでした。


2009.4.4
桜の花咲く今日、3回目の 誕生日を迎えた、あずへ。
この1年間も、元気に 明るく 過ごしてくれて、ありがとう、あず。
そして、あず家に、楽しさと、笑いと、安らぎを いっぱい 運んでくれて、
ありがとう、あず。
夏にケガしてから、2か月以上の間、
松葉杖の 生活を送った あずぱぱを看病してくれて、ありがとう、あず。
そう言えば、柴犬の しつけ本で、モデル犬デビュー したんだったよね。
撮影、お疲れさまでしたっ!
今年は 雪の上でも、たくさん 遊んだね。
あずが 元気で 楽しそうなら、まま、ぱぱは、他には 何も要りません。
これからも、ずっと ずっと、元気で いてね。
それだけが、ままたちの 望みです。
このブログで、2歳のあずを見守り、励ましてくださった 皆さま、
本当に ありがとうございました。
3歳になった あずも、引き続き、応援、よろしくお願いしますね。
----------
あず、3歳
体重 9.45kg (←やっぱり、減量必要 !!! )


2009.4.1
しっぽを追いかけて、ぐるぐる回ってるうちに、
突然、「キャン!」 って高い声を上げました。
左後ろ足を 地面から浮かし気味で、痛いのか、
そのうち小刻みに震え始めました。
多分また、お膝の関節を外したのでしょう。
2回目に外して、獣医の先生に診てもらった時、
 「少し、緩いですね。
  次に外したら、レントゲン、撮りましょう。
  変形してるようなら、手術も考えなきゃ」
って言われてたので、病院へ連れて行きました。
でも触診で、大丈夫そうとのこと。一安心です。
外す頻度が多くない(一昨年の秋以来です)ので、
もう少し様子をみることになりました。

痛い思いをしたのに、やっぱり しっぽを追いかけるのを 止めないので、
しっぽを見てみると・・・。
なんと、ポツポツと湿疹と、それを噛んだのか、周囲に内出血が !!!
これがカユくて、しっぽを追いかけてたんだね。かわいそうに。(涙)
お薬塗って、早く治そうね、あず。


2009.2.4
偽妊娠による 体重増加も落ち着き、
いつもの値に戻りました。
・・・とは言っても、まだまだ太り過ぎ。
減量作戦、続けなくっちゃ!
----------
あず、2歳10か月
体重 9.45kg (←まだ太り過ぎ注意 !!! )
 
 
テーマ: 柴犬 -  ジャンル: ペット
by あずき  at 20:09 |  あずの健康 |   |   |  page top ↑

・・・あずの成長記録(2008)・・・

2008.12.4
運動不足+偽妊娠による、あずの体重増加は止まらず、
またも、記録更新です。(涙)
減量作戦、しなくっちゃ!
----------
あず、2歳8か月
体重 9.85kg (←太り過ぎ注意 !!! )


2008.11.14
あずの右後ろ足に、直径3mm大のコロッとしたオデキを発見!
慌てて病院へ行くと、何やら院長先生が深刻な顔...。(・・;)
緊急に細胞診の運びとなりました。
週末を挟んでいたので、結果は水曜以降との事。
それまでは、抗生剤とステロイド入りのクリームを塗布して
様子見という事に...。
もう日も暮れて、暗くなってた帰りの車中、
不安を抱えたまま、あずとまま、どよよ~~ん。(-_-;)
「あず、チックン、痛かったよね、頑張ったね、何でもないといいね」

で、ドキドキのその細胞診の結果ですが、
2度針を刺したにもかかわらず、細胞数不足で判定不能...。(-_-;)
でも、患部に毎日クリームを塗布したかいあって、
5日目にはオデキが殆ど消失してて、
結果が出る前にはホッとしてたあず家。
一見、すご~く嫌なもののように感じたのですが、
実は炎症性のものだった可能盛大、とのお話。
現在、処置はせず、その後の経過観察中です。
このまま再出現しないといいな~。ね、あず~。


2008.10.28
予防接種(7種混合)。
大暴れ対策に、今回は、お尻にしてもらうことに。
消毒アルコールのニオイがするだけで、ひと暴れ。(汗)
でも、注射の後は、前回ほどは 暴れませんでした。
次回からは、お尻かな。。。


2008.10.24
4度目のシーズン、終了。
今回は、10/1のスタートが不明瞭だったけど、
はっきり始まった 10/3から数えると、今回も正確に3週間でした。

シーズン中の体重は、今回は 9.2kgまでしか減りませんでした。
今は、久々のカフェで いっぱい食べた(?)せいか、
あっという間に 9.6kgに戻ってしまいました。(汗)
暴飲暴食はダメだってば! ねっ、あず!


2008.10.4
きのう、獣医さんに、
 「これ以上、太らせないで下さい!」
と言われてしまった、でぶっちょ あず。
シーズン中なので、
お散歩、ガシガシ行く訳にもいかず、
さて、どうしよう・・・。
----------
あず、2歳6か月
体重 9.65kg (←今までの最高記録(涙))


2008.10.1
4度目のシーズンに突入した、あず。
前回から、7か月と5日目(219日目)です。
毛艶が良くなり、食欲も出てきて、
近いかな、と思ってたら、やっぱり。。。
あずぱぱの足のケガで、ここ2か月間、
数えるぐらいしか お出かけしてない、あず家。
さらに3週間の、おこもり暮らしの始まりです。

ところで、あずシーズンの 間隔の正確さには、
驚かされます。

・生まれてから1回目まで: 222日
・1回目から2回目まで: 215日
・2回目から3回目まで: 255日 ←これが予想外!
・3回目から4回目まで: 219日

あまりに正確で、うらやましいぐらい。
...ということは、次は、
来年の ゴールデンウィーク後半ってこと?(泣)


2008.8.29
予防接種(狂犬病)。
最近、お注射の時に 大暴れする、あず。
今回は ついに、あずまま、噛まれました。(涙)
お願いだから、看護師さんには 噛み付かないでね、あず。

2008.8.4
08/5/11にお願いしたアレルギー検査の結果、
出たのは 主に次のとおり;
・鶏、七面鳥、ししゃも、
・米、小麦、コーン、オートミール、
・イネ科、芝、雑草、樹木(杉や松など)、
・カビ類、ハウスダスト、ウール、タバコの煙・・・
陽性26種、擬陽性8種。

ここで 大きな問題が一つ...。
あず、尿結晶の療養食で 食べてるフードは、
鶏など食用鳥類が 主原料です。
アレルギー対策を取るか、尿結晶のケアを取るか、
...という 究極の選択を 迫られてしまいました。
獣医の先生と相談した結果、
・手作り食での 尿結晶ケア(ph コントロールと、
 リン & マグネシウムの除去)は、難しい。
・それに対し、アレルギー症状は、毛が薄くて、
 多少 カユがる程度なので、さほど酷くない。
・よって、現時点では、
 鶏アレルギーは様子見、尿結晶のケアを優先。
だから、チキン系のオヤツや トッピングを
以前よりも 減らしながら、
療養食を 変わらず 食べ続けています。

獣医さんによっては、「必ずしも
 アレルギー検査結果 = 実際の反応 ではない」
と おっしゃる先生も。
とりあえず、日々の あずの様子を 見ながら、
ゆっくりと あず共々、
アレルギーと お付き合いを していこうと思う、
あずままです。
----------
あず、2歳4か月
体重 9.2kg


2008.6.4
偽妊娠も だいぶおさまり、体重は元に戻りました。
あずと同じく 肛門腺がたまりやすい お散歩友だちから
 「食事の油分を減らすと、改善するかも」
と聞いて いろいろ試してみました。
確かに、肛門腺のたまり易さ、軽減したみたい。
あと、耳垢のべたべた感も、減ったかな。
しばらく、がんばってみようね、あず!
----------
あず、2歳2か月
体重 9.1kg


2008.4.4
桜の花咲く 今日4月4日は、あず 満2歳の お誕生日。
今年も あずに、心から 感謝します。
私たちに 笑顔をくれて、ありがとう、あず。
私たちの 家族でいてくれて、ほんとうに ありがとう、あず。

生後5か月までは、病弱で、あんまり外に出なかった、あず。
今は (まだ少しの悩みはあるけど) すっかり 元気になったね。
去年の4月、オフ会デビューしたよね!
初めて 清里へ行ったね。 楽しかったよねー。
外ではいつも、「押せ押せ、行け行け」 の、あず。
「元気で、フレンドリー」 が、あずの一番いいところ だったよね。

1歳を過ぎても、黒マズルの あず。
いまだに、みんなに 「仔犬ですかぁ?」 って 言われるよね。
夏の蓼科オフ会では、また お友だち 増えたよね。
ブログを通して、全国にも お友だち できたよね。

秋の清里オフ会で、ちょっぴり怖い思いをして以来、
少しずつ、ランで遊ぶのが 不得意になっちゃったね。
でも、大丈夫。
いつもの公園では、「フレンドリーあず」 なんだから、
オフ会でも、いつものあずに 戻れるよ、いつかきっと。

雪の上を走るのが 大好きな あず。
来シーズンは、もっともっと、雪のある所へ 出かけようねっ!
そう言えば、Shi-Ba 1月号に 載ったよね。
あずの 生後2~4か月の頃の 辛かった 闘病のお話だよ。

今は、こんなに元気になってくれて、ありがとう。
あずの元気な姿を、オフ会や ブログのお友だちに、
いっぱい 見せてあげなくちゃ、ね。
元気でいてくれて、ありがとう、あず。
笑顔を いっぱいくれて、ありがとう、あず。
これからも、ずっと ずっと、元気でいてね。
これからも、ずっと ずっと、笑顔でいてね。
あずの健康と幸せだけが、ぱぱ&ままの 願いです。
2歳になった、あずへ・・・。
これからも、ずっと ずっと、一緒にいようね、あず!
----------
あず、2歳
体重 9.4kg


2008.3.16
3度目のシーズン、終了。
今回も、正確に3週間でした。
シーズン中、8.6kgまで減った体重も、徐々に戻りつつあります。
(理想体重の 8.8kgを超えて、さらに増加中・・・(汗))

来週ぐらい、久しぶりに 大好きなカフェに行こうか!
でも、暴飲暴食はダメだよ!
ねっ、あず!


2008.2.25
何とあず、予定より5週間遅れで、3度目のシーズン、突入です。
2度目の初日から数えて8か月と10日後(255日後)です。
兆候も消えて、終わったと思い込んでた矢先だっただけに、ビックリ!
あわてて病院へ電話し、シャンプーの予約を当日キャンセル。

またしても、あずの大っ嫌いな サニパンシーズン到来。
脱ぎたくなると、「ハウス!」 も言ってないのに、自らすすんで、サークルへ。
サークルの中から つぶらな瞳で私を見上げて、
 「サニパン、取って~」
と懇願する、あず。

2度のシーズンを経験し、何となく、その兆候が 分かったような 気になってたのに、
今回は、完璧に 外されました。
わんこの身体って、ほんと、難しいですね。
もっと、もっと、勉強しなくっちゃ。


2008.2.19
そろそろ、あずの3度目のシーズン予定日から、1か月が過ぎようとしています。
獣医さんに相談すると、
 「極端に短い周期なら、要検査。 遅れるのは、よくあること」
とのこと。
初回(生後7か月)、2回目(生後14か月)のシーズン前後の、
あずの体調変化をまとめると、↓こんな感じです。

●シーズン1か月前~シーズンまで・・・
1.気が荒くなる。 甘噛みも増加。
2.食欲増進。 体重は維持。
3.(話すの恥ずかしいけど)局部が黒く大きくなる。

●シーズン中・・・
4.局部をなめて、出血を処理。
5.元気も、食欲も、なくなる。体重は増加。
6.サークルに立てこもる。
(↑6は単に、サニパンを 履きたくないだけ {汗} )

●シーズン終了~2か月後・・・
7.局部は元に戻る。
8.元気も、食欲も、いつもに戻る。
9.偽妊娠。 乳房が大きくなる。

さて、今回のあず、去年12月頃から、1、2、3が現われました。
予定より1週間遅れの去る1月末、しきりに局部をなめ始めたので、
いよいよシーズン突入か・・・

・・・と思いきや!

2月に入ると、4、5、6をスキップして、7、8の特徴が 現われてしまいました!!
偽妊娠は してないみたいだけど、
ひょっとして、ひょっとすると、シーズン、終わっちゃったの、あずぅ?
獣医さんによると、
 「飼い主さんが気付かないほど、軽く終わることもある」
とのこと。
えぇ~~、そうなの、あず ???


2008.2.4
3度目のヒートは、予想より2週間以上、遅れています。
でも、5~12か月周期と、ワンコによってバラバラなんだそうで、
獣医さんは、心配ないって。

ここ2か月間、体重はだいたい9.1±0.2kgを維持。
ちょっと変動が大きいかな、とも思うけど、これも、心配ないって。
個人差(個犬差?)なのかな。
----------
あず、1歳10か月:
体重 9.3kg


2008.1.10
左耳の内側に、黒いブツブツが!
軽い外耳炎との診断。
真菌(酵母菌の一種らしい)性だそうです。
点耳薬(ウェルメイトL3)で、1週間で治りました。
すぐに治って、よかったね、あず。
テーマ: 柴犬 -  ジャンル: ペット
by あずき  at 20:08 |  あずの健康 |   |   |  page top ↑
被災わんこを、救いたい!
カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の日記
コメントありがとう♪
月別の日記

2017年 10月 【8件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【16件】
2017年 07月 【15件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【13件】
2017年 03月 【13件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【15件】
2016年 12月 【13件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【13件】
2016年 08月 【11件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【12件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【11件】
2016年 03月 【12件】
2016年 02月 【14件】
2016年 01月 【13件】
2015年 12月 【12件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【14件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【12件】
2015年 07月 【12件】
2015年 06月 【16件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【13件】
2015年 01月 【15件】
2014年 12月 【17件】
2014年 11月 【14件】
2014年 10月 【14件】
2014年 09月 【14件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【16件】
2014年 06月 【13件】
2014年 05月 【15件】
2014年 04月 【11件】
2014年 03月 【14件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【16件】
2013年 12月 【15件】
2013年 11月 【15件】
2013年 10月 【15件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【13件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【15件】
2012年 12月 【15件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【16件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【12件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【15件】
2012年 04月 【14件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【13件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【16件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【16件】
2011年 05月 【15件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【12件】
2011年 01月 【14件】
2010年 12月 【14件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【15件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【17件】
2009年 12月 【18件】
2009年 11月 【17件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【16件】
2009年 06月 【13件】
2009年 05月 【15件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【14件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【16件】
2008年 12月 【17件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【13件】
2008年 08月 【13件】
2008年 07月 【15件】
2008年 06月 【15件】
2008年 05月 【17件】
2008年 04月 【15件】
2008年 03月 【15件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【16件】
2007年 12月 【18件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【16件】
2007年 06月 【16件】
2007年 05月 【19件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【19件】
2007年 02月 【18件】
2007年 01月 【17件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【14件】
2006年 10月 【18件】
2006年 09月 【20件】
2006年 08月 【10件】
2006年 07月 【12件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【3件】
2006年 04月 【13件】

カテゴリー別の日記
このブログ内の検索
あずのプロフィール

あずき

Author: あずき
犬種: 柴(♀)
誕生日: 2006年4月4日(火)
チャームポイント:
 黒マズルとお困り眉毛
好きなこと:
 人の膝の上に乗ること
嫌いなこと:
 お留守番、争いごと
今欲しい物: 勇気


ブログトップへ戻る
↑バナーにご利用ください

お友だちわん♪リンク集
   (最初の1行は広告です)
柴犬お茶会♪同窓生
   (最初の1行は広告です)
柴犬だいすき!大集合
   (最初の1行は広告です)
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あずままへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村(PV)

いつも投票、ありがとう♪  
 
にほんブログ村
いつも応援、ありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ 赤柴犬へ